2011年06月28日

「福島は謝らなければならない」いいえ、だれでも

6月11日、原爆ドーム前の脱原発の集会の中で「福島は謝らなければなりません。」
と語った女性がいました。声を震わせながらも毅然と。
そして私たちに向かって深く、深く頭を下げてくださったのです。
えっ、なぜあなたが謝るんですか?私は思わずビデオのボタンを押して彼女の残りのスピーチを撮りました。その言葉には胸が詰まってカメラは大ブレ。そして次に語った男性のゆっくりと噛みしめるような言葉は、その重さを胸に刻むものとなりました。彼らは福島から今、広島に避難してきている人たちです。
私は集会後彼らと言葉を交わしたものの迂闊にも連絡先を交換しておらず、彼らにその映像を公開して良いかどうか確認するのに時間がかかってしまいました。

昨日、その女性とやっと再会を果たし、また男性から映像公開OKのメールが届き、そしてまさに昨日、地元の中国新聞の女性記者さんが私と同じ思いの記事を書かれていたのです。そこで私はまたまた運命的なものを感じここに書いているというわけです。

女性は映像公開をためらっていらしたので、大ブレの下手なビデオに代えて彼女のスピーチを文字でここに残すことにします。

福島は謝らなければなりません。
原発立地県民として世界中の皆さんに謝らなくてはなりません。
現福島県知事に福島原発運転再開とプルサーマル運転許可の判を押させてしまい、県民の一人として止めきれなかったこと、結果が出せなかったことを本当に申し訳なく思います。
ごめんなさい。
これはやっぱり県を出てみて初めてひしひしと感じたことです。
出てみなさいとは言われませんでしたが、本当に、ここまでやってきて、
被害者であると同時に加害者であるということの一端を(担っていたことを)
自分でもう一度かみしめ直して、皆さんの前にこのように立たせて頂けた
ことを、良かったと思っています。


脱原発パレード終了後、彼女に、「謝らなくてもいいですよ」と私が声をかけましたら、彼女は「いいえ、謝らなければならないのです。私たちがやめさせることができなかった、力が及ばなかったことを今しっかりと反省して、この悲しい犠牲を無駄にしないように、今どうしても止めると心に誓うために、謝らなければならないのです」という意味のことをきっぱりと言われたのです。
私は広島が謝らなくてはならないと思っているのに。

事故はどこででも起こり得る。福島だけではなく。私たち日本人みんなが今彼女と同じように反省し、正しい道を選ばなければ、日本はおろか地球全体に罪を犯すことになります。
ですからたくさんの人に、そしてこれでもなお原発を存続させようとしている方々に読んでもらいたい言葉です。

男性の映像はこちらに。彼は奥さんと子どもさんを広島に避難させ、福島で仕事をしています。月に一度家族のもとへ通うとのことでした。



posted by sneshika at 11:47| 原発