2011年10月31日

チェルノブイリと福島―ベラルーシの経験を福島に生かせるか(4)

ベラルーシの民間研究所で作られているリンゴのペクチンで作られたビタペクトというサプリメントのことが少し話題になっている。
このペクチンは、体内に入ったセシウムを除去する効果があると言われているからだ。その件で先日もその研究所の副所長さんが来日し、記者会見が行われていた。
今回のベラルーシ訪問で、その真偽を確かめることができれば、と思っていたのだが、その研究所に行く時間はなく、事前に聞いた話では、今、手に入りにくくなっているということだった。
ベラルーシの赤十字でも、チェルノブイリ事故後の対策として低線量被曝の人のセシウムの排泄にペクチンが使われているとの話だった。
しかし、そのビタペクトを学校で子どもたちに与えたデータでは、確かにビタペクトを飲む前と1カ月後の体内のセシウム量を比べると減ってはいたが、ビタペクトを飲んでいないグループとの比較がなかったため、効果が明らかかどうかわからなかった。


それはともかく、大きなスーパーでその類似品が販売されているのを発見した。要するにセルロースとペクチンでできたものだ。
その説明書には色々な効果が書かれてあるのだが、そのトップに1、放射線病の予防、放射能汚染地域での放射性核種の排出、と堂々と書いてある。
PA070340.JPGPA070330.JPG

そういうものがスーパーに並んでいる光景は異常であるはずなのに、全く日常の光景のようにあまりにも普通に売られていたのだ。
日本でもこういう日が近いうちに来るのかもしれないと恐ろしく思っていたら、帰国して間もなく、連日たくさん届くセールスメールの中にこんな文字が。
個人被爆(ガンマ線外部被爆量)の測定に最適!個人用線量計○○○○発売中☆」 
posted by sneshika at 00:31| 原発